土地購入のための基礎知識 TOP > メニュー > 土地を売る場合の流れ

土地を売る場合の流れ

まず土地や中古住宅などの不動産を売るには複数の不動産会社に査定をしてもらう所から始まります。
得てして高い金額で査定をしてくれた不動産会社を選ぶ傾向がありますが、あまりにも他社からかけ離れた高い金額で査定する不動産会社というのも注意しなければなりません。
査定の場合、高く査定してもそこの金額をベースに売り出し価格を決めるので、うまくいかないと販売価格が市場価格とかけ離れていて高すぎて売れない、等ということも出てきます。
高い査定額を提示した不動産会社にはその根拠をしっかりヒアリングしておいて、客観的な視点で納得がいく回答であるかどうかをジャッジするようにしましょう。
売り主が納得できなければ買い主もきっと納得はできませんのでシビアにジャッジをすることが大切です。

複数の不動産会社から仲介してくれる不動産会社を契約を締結したら、販売する為の広告戦略を不動産会社と打ち合わせて販促活動に入ります。
そこからは内覧の対応をし、交渉の末売買契約を締結することになります。

この場では金銭的なやり取りになりますので、買い主も希望額があります。かならずしも売り出し価格で売れる、というものではありませんので、その認識は持っておいた方が良いです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 土地購入のための基礎知識 All Rights Reserved.