土地購入のための基礎知識 TOP > メニュー > 不動産売買で発生する税金について

不動産売買で発生する税金について

一連の営業活動、取り引き活動を経て土地や建物が売れたらそれですべておしまい、ということではありません。
不動産会社からも話はあることと思いますが、土地の売買契約が成立すると売却した側は確定申告が必要です。
土地でも建物でも不動産を売却をした場合は税金にも影響しますので、必ず取引後には忘れずに実施しましょう。

しかし、売却益によってかかる税金に大きな違いがあります。その場合というのがそもそもの土地を買った時よりも高く売れた場合か安くなってしまった場合か、の二つのパターンです。

売却した時の価格が土地を買った当時の金額よりも高買った場合というのは利益になりますので、確定申告にて利益として申告をします。これによって所得税と住民税がその分課税の対象となります。
対して売却した時の価格が土地を買った当時の金額よりも安くなってしまった場合はマイナスになりますので、確定申告は必要ですが、所得税の還付が受けられるようになります。

特に売却をした側が会社員の方は確定申告に馴染みがあまりないかもしれませんが、これは土地の売買契約を行った翌2/16?3/15(土日の場合はずれこむことがあります)の間に必ず確定申告する必要があります。くれぐれも忘れずに行うようにしましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 土地購入のための基礎知識 All Rights Reserved.